指静脈認証を本人確認手段とする生体認証普通預金「バイオガード」(十八銀行) | ScanNetSecurity
2022.01.26(水)

指静脈認証を本人確認手段とする生体認証普通預金「バイオガード」(十八銀行)

株式会社十八銀行は、指静脈による「生体認証」を本人確認手段として付与した預金商品「<18>生体認証普通預金『バイオガード』」の取扱いを9月21日より開始すると発表した。静脈パターンなど生体内部にある生体情報は、「盗難されない」「偽造されない」「時間の経過によ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社十八銀行は、指静脈による「生体認証」を本人確認手段として付与した預金商品「<18>生体認証普通預金『バイオガード』」の取扱いを9月21日より開始すると発表した。静脈パターンなど生体内部にある生体情報は、「盗難されない」「偽造されない」「時間の経過により変容しにくい」などの特性を持つ。このため同行は、生体情報を認証に用いる生体認証技術(バイオメトリクス)を預金商品に採用することとなった。口座開設時に届出印と本人の「指の静脈のパターン」を登録し、払い戻しは口座を開設した窓口のみで、届出印と生体認証システムにより照合する。なお、指静脈認証の採用をすでに決定している金融機関は数行あるが、実際に商品として稼働を開始するのは同行が日本初となる。

http://www.18bank.co.jp/news/topics/2005/2005_039.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×