ISMS認証取得事業者数が1,000件を突破(日本情報処理開発協会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

ISMS認証取得事業者数が1,000件を突破(日本情報処理開発協会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

財団法人日本情報処理開発協会は、ISMS認証取得事業者数が1,000件を突破したと発表した。ISMS制度とは、国内の情報セキュリティレベル全体の向上を目的としたもので、組織が適切な情報セキュリティマネジメントを実施していることに対し、審査登録機関が認証を与える制度。2002年4月に本格運用が開始され、本年8月には累計1,014件となった。特に、個人情報保護法が施行された本年4月に大きな伸びを示した。地域別では、関東地区が全体の66%(670件)と大きな割合を占め、近畿地区の10.1%(102件)、中部地区の7.8%(79件)と続いている。また、関東地区では東京(521件)、近畿地区では大阪(66件)、中部地区では愛知(40件)と、大都市に集中する傾向が顕著になっている。

http://www.isms.jipdec.jp/doc/press20050826.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×