9月より金融機関向けに「ICキャッシュカード一体型クレジットカード」の発行受託業務を開始(三井住友カード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

9月より金融機関向けに「ICキャッシュカード一体型クレジットカード」の発行受託業務を開始(三井住友カード)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

三井住友カード株式会社は、9月より金融機関向けソリューションビジネスのひとつとして「ICキャッシュカード一体型クレジットカード」の発行受託業務を、業界として初めて開始する。発行に際しては、同社の豊富な実績とノウハウを活かし、金融機関よりキャッシュカードデータを受領して、ICデータの生成、カードへの書き込み、発送までを一貫して行う。また、カード作成に必要な暗号鍵等の管理も同社が行う。これらの発行受託を全て実施するのはクレジットカード業界では初めて。

http://www.smbc-card.com/mem/company/news/news0000306.jsp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×