文書の改ざん防止対策とは?「e-文書法 早わかりサイト」コラム(セコムトラストネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.15(土)

文書の改ざん防止対策とは?「e-文書法 早わかりサイト」コラム(セコムトラストネット)

セコムトラストネット株式会社の運営する、e-文書法専門情報サイト「e-文書法 早わかりサイト」は、同サイトの連載コンテンツを更新し、現在「文書の改ざん防止」をテーマに、e-文書法の最も重要な用件となる、電子署名、タイムスタンプについて解説している。 デジタル

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
セコムトラストネット株式会社の運営する、e-文書法専門情報サイト「e-文書法 早わかりサイト」は、同サイトの連載コンテンツを更新し、現在「文書の改ざん防止」をテーマに、e-文書法の最も重要な用件となる、電子署名、タイムスタンプについて解説している。
デジタル文書は、紙文書と異なり原本性の証明が非常に重要になる。電子署名やタイムスタンプを用い、デジタル文書の作成者や作成日を検証することで、原本性の証明を可能にする仕組みが、e-文書法の重要な必要条件である。
セコムトラストネットの「e-文書 早わかりサイト」では、ファイリング技術研究所 中西氏の寄稿により、電子書名とタイムスタンプがデジタル文書の原本性の証明にどのように密接に関わるかをわかりやすく解説している。

http://www.secomtrust.net/news/2005/ns_ebunshosite20050818.html

e-文書法 早わかりサイト
http://www.secomtrust.net/secmeasure/e-bunsyo/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×