楽天加盟店「AMC」からの個人情報流出、さらに拡大 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.20(金)

楽天加盟店「AMC」からの個人情報流出、さらに拡大

製品・サービス・業界動向 業界動向

楽天株式会社は8月6日、同社が運営する楽天市場の加盟店「AMC」から個人情報が流出した件で続報を発表した。発表によると、大手マスコミから新たな追加情報が提供され、この情報を調査したところ、同店舗からの個人情報流出件数は36,239件で、このうち、クレジットカード番号が含まれるものは、10,026件と、それぞれ大幅に拡大した。同店舗のこれまでの早受注件数が約94,000件、クレジットカード番号が含まれるものが約21,000件だいう。なお、なお、提供された情報には、楽天以外のサイトで購入したと思われる取引情報が、少なくとも8,545件含まれていた。

楽天市場の店舗での取引に係る個人情報の流出について(続報)
http://www.rakuten.co.jp/com/faq/information/20050723.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×