セキュリティ強化策の一環として「預金口座不正使用保険」を導入(ジャパンネット銀行) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.12(水)

セキュリティ強化策の一環として「預金口座不正使用保険」を導入(ジャパンネット銀行)

株式会社ジャパンネット銀行は8月1日、セキュリティ強化策の一環として「預金口座不正使用保険」を導入したと発表した。この保険は、第三者が顧客の口座番号、暗証番号およびログインパスワードを盗用し、顧客になりすまして普通預金口座から不正に振り込みをしたことに

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ジャパンネット銀行は8月1日、セキュリティ強化策の一環として「預金口座不正使用保険」を導入したと発表した。この保険は、第三者が顧客の口座番号、暗証番号およびログインパスワードを盗用し、顧客になりすまして普通預金口座から不正に振り込みをしたことによって普通預金口座上損害を被った場合に、保険金が支払われるというもの。顧客が損害を被った場合は、直ちに同社カスタマーセンターへ通知するとともに、必ず所轄の警察への届出も行うこととしており、この通知を同社が受理した日の30日前から通知受理日までの間に行われた不正使用による損害に対して行われ、1口座当たり年間300万円が限度となっている。

http://www.japannetbank.co.jp/headline/agreements17.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×