Office XP/2003ファイルの安全な取り扱いを実現するセキュア文書管理ソリューションを提供(NTTデータ先端技術) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

Office XP/2003ファイルの安全な取り扱いを実現するセキュア文書管理ソリューションを提供(NTTデータ先端技術)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

NTTデータ先端技術株式会社は、マイクロソフトの技術協力のもと、社内の重要情報である個人情報や機密文書の安全な取り扱いを実現するセキュア文書管理ソリューション「NOSiDE Secure File Management Sub System 2005」を開発し、発売した。同ソリューションは、マイクロソフトのDRM(Digital Rights Management:デジタル著作権管理)技術である「Microsoft Windows Rights Management Services(RMS)」テクロノジーをベースに開発されたもので、Office XP/2003ファイル(Word/Excel/PowerPoint)の暗号化とアクセス権限の制御・管理を実現するとともに、暗号化文書を利用する際に、利用者の属性に応じて、文書の閲覧、コピー、印刷、編集、スクリーンキャプチャといった操作を個別にきめ細かく制御できるのが特長。このため、文書利用権限を持つ利用者の悪意による情報漏洩防止に効果を発揮する。さらに、本システムで作成される暗号化文書には有効期限が設定できるため、有効期限経過後の閲覧を禁止することも可能。尚、本製品は、NTTデータ社内のドキュメント管理システムに導入される予定。

http://noside.intellilink.co.jp/file/noside_press_release_050801.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×