オーエムシーカードが指紋認証装置を搭載するシンクライアントPCの全社的な導入を決定(富士通) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

オーエムシーカードが指紋認証装置を搭載するシンクライアントPCの全社的な導入を決定(富士通)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

富士通株式会社は、オーエムシーカードが、指紋認証装置を搭載するシンクライアントPCの全社的な導入を決定したと発表した。11月より全社の営業社員など、約300名が業務に携行するPCとして使用を開始する。指紋認証装置を搭載し、HDDを搭載しないモバイルパソコンの導入決定は、国内では初めて。同モバイルPCには情報を蓄積するHDDが搭載されてなく、業務をおこなう際には、ネットワーク経由でサーバと個人情報をやり取りするため、万が一、紛失や盗難に遭っても情報漏洩を防ぐことが可能。加えて、指紋認証装置を搭載しており、PCやアプリケーションを起動する際には、指紋認証による本人確認をおこなうことでセキュリティを強化できる。尚、オーエムシーカードでは、今回の導入に合わせて、持ち運びが容易な事務所のノートPC約1,200台を廃止し、持ち運びしにくいデスクトップPCへ切り替えるとともに、「非接触手のひら静脈認証装置」の導入を行い、セキュリティを強化する。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2005/07/29.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×