立命館アジア太平洋大学、54名分の学籍簿の紛失が判明 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

立命館アジア太平洋大学、54名分の学籍簿の紛失が判明

製品・サービス・業界動向 業界動向

立命館アジア太平洋大学は7月30日、同大学アジア太平洋学部2000年度入学者の学籍簿の一部が封筒に入ったまま紛失していることが判明したと発表した。これは、昨年の秋から同大学が行っていた学籍簿の点検、再整理作業の過程で発生したもので、紛失した学籍簿は54名分だという。学籍簿には、入学時に学生が提出した氏名、性別、国籍、生年月日、住所、出身高校・出身大学、緊急連絡先の氏名、住所、勤務先、家族の氏名、年齢が記載されており、写真も貼付されている。同大学では、状況から判断すると誤って廃棄された可能性が高いとしている。


お知らせ : 学籍簿(Student Information Card)紛失問題について学生のみなさんへの謝罪
http://www.apu.ac.jp/home/modules/news/article.php?storyid=163&sel_lang=japanese
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×