立命館アジア太平洋大学、54名分の学籍簿の紛失が判明 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

立命館アジア太平洋大学、54名分の学籍簿の紛失が判明

立命館アジア太平洋大学は7月30日、同大学アジア太平洋学部2000年度入学者の学籍簿の一部が封筒に入ったまま紛失していることが判明したと発表した。これは、昨年の秋から同大学が行っていた学籍簿の点検、再整理作業の過程で発生したもので、紛失した学籍簿は54名分だと

製品・サービス・業界動向 業界動向
立命館アジア太平洋大学は7月30日、同大学アジア太平洋学部2000年度入学者の学籍簿の一部が封筒に入ったまま紛失していることが判明したと発表した。これは、昨年の秋から同大学が行っていた学籍簿の点検、再整理作業の過程で発生したもので、紛失した学籍簿は54名分だという。学籍簿には、入学時に学生が提出した氏名、性別、国籍、生年月日、住所、出身高校・出身大学、緊急連絡先の氏名、住所、勤務先、家族の氏名、年齢が記載されており、写真も貼付されている。同大学では、状況から判断すると誤って廃棄された可能性が高いとしている。


お知らせ : 学籍簿(Student Information Card)紛失問題について学生のみなさんへの謝罪
http://www.apu.ac.jp/home/modules/news/article.php?storyid=163&sel_lang=japanese
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×