NTT東西、ADSLモデムなど約58万台に発信できなくなる不具合 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

NTT東西、ADSLモデムなど約58万台に発信できなくなる不具合

製品・サービス・業界動向 業界動向

NTT東日本および西日本は8月1日、両社が提供しているIP電話対応ADSLモデムおよびIP電話対応ADSLモデム内蔵ルータの一部において、不具合が確認されたと発表した。これは、Web Caster 3000MV(NTT東西商品)、Web Caster 3100SV(NTT西日本商品)、ADSLモデム-SVII(NTT西日本商品)、ADSLモデム-SVIII(NTT西日本商品)を使用してIP電話サービスを利用している場合、緊急機関への通話終了後に外部発信ができなくなるというもの。影響を受ける機器の出荷台数は、合計579,600台となる。原因はソフトウェアの不具合で、両社ではホームページより対策ソフトウェアを提供する。


NTT東日本:IP電話対応ADSLモデム等における不具合および対応について
http://www.ntt-east.co.jp/release/0508/050801.html
NTT西日本:IP電話対応ADSLモデム等における不具合および対応について
http://www.ntt-west.co.jp/news/0508/050801.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×