印刷物による情報漏洩防止ソリューションを百十四銀行へ納入(沖データ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

印刷物による情報漏洩防止ソリューションを百十四銀行へ納入(沖データ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社沖データは7月28日、印刷物による情報漏洩を防止する「ログオン情報強制印刷ソリューション」を、株式会社百十四銀行の全本部および営業店に納入したと発表した。今回納入したソリューションは、同社カラーLEDプリンタとモノクロLEDプリンタおよび専用アプリケーションにより構成される。PCにログオンする際のIDと出力したプリンタ、時間などを印刷物の背景として印刷し、情報流出元を特定することが可能なほか、設定によりログオンIDなどの内部情報を露出させないようにすることも可能だ。またシステム管理者は、特定のユーザに対して情報を印刷しない設定や、印刷する情報のカスタマイズも行える。同システムを導入することで、従来のデータによる情報漏洩リスク対策に加え、印刷物による情報漏洩リスクにも対応可能となる。

http://www.okidata.co.jp/info/news_050706.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×