印刷物による情報漏洩防止ソリューションを百十四銀行へ納入(沖データ) | ScanNetSecurity
2021.07.28(水)

印刷物による情報漏洩防止ソリューションを百十四銀行へ納入(沖データ)

株式会社沖データは7月28日、印刷物による情報漏洩を防止する「ログオン情報強制印刷ソリューション」を、株式会社百十四銀行の全本部および営業店に納入したと発表した。今回納入したソリューションは、同社カラーLEDプリンタとモノクロLEDプリンタおよび専用アプリケー

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社沖データは7月28日、印刷物による情報漏洩を防止する「ログオン情報強制印刷ソリューション」を、株式会社百十四銀行の全本部および営業店に納入したと発表した。今回納入したソリューションは、同社カラーLEDプリンタとモノクロLEDプリンタおよび専用アプリケーションにより構成される。PCにログオンする際のIDと出力したプリンタ、時間などを印刷物の背景として印刷し、情報流出元を特定することが可能なほか、設定によりログオンIDなどの内部情報を露出させないようにすることも可能だ。またシステム管理者は、特定のユーザに対して情報を印刷しない設定や、印刷する情報のカスタマイズも行える。同システムを導入することで、従来のデータによる情報漏洩リスク対策に加え、印刷物による情報漏洩リスクにも対応可能となる。

http://www.okidata.co.jp/info/news_050706.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×