IEEE 802.1X DynamicVLANに対応した検疫認証サーバを新発売(アライドテレシス) | ScanNetSecurity
2021.07.28(水)

IEEE 802.1X DynamicVLANに対応した検疫認証サーバを新発売(アライドテレシス)

アライドテレシス株式会社は7月11日、IEEE 802.1X認証を用いたセキュアな検疫認証サーバ「CentreNET SwimRadius Ver.1.0」を同日より発売すると発表した。本製品は、ログ管理ツール「CentreNET SwimLogReporter」、リモートメンテナンスソフト「CentreNET SwimAdminCent

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アライドテレシス株式会社は7月11日、IEEE 802.1X認証を用いたセキュアな検疫認証サーバ「CentreNET SwimRadius Ver.1.0」を同日より発売すると発表した。本製品は、ログ管理ツール「CentreNET SwimLogReporter」、リモートメンテナンスソフト「CentreNET SwimAdminCentral」のセット製品。認証、許可、アカウンティングの機能を安価に提供できるほか、Radiusクライアントとそのポート、利用者端末のMACアドレス、ユーザIDの認証関係のポリシー定義や、アクセスしてきたPCの検証などが行える。また同梱のSwimLogReporterにより、Syslogによるアカウンティングやログイン情報の解析が、SwimAdminCentralではネットワーク機器のコンフィギュレーション情報の設定や機器からのVLAN情報管理が行える。

http://www.allied-telesis.co.jp/info/news/2005/nr050711.html#01
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×