「ベリサイン セキュアメールID」と「サン電子 電子署名付加機能付サーバ」を利用した電子署名付きメールを導入(愛知銀行) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.28(月)

「ベリサイン セキュアメールID」と「サン電子 電子署名付加機能付サーバ」を利用した電子署名付きメールを導入(愛知銀行)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社愛知銀行は、インターネット上で実施している各種サービスのセキュリティ強化を図るため、日本ベリサインが提供する「ベリサイン セキュアメールID」およびサン電子の電子署名付加機能付サーバ「SPIS-BOX SMS-100」を導入し、試行運用を開始すると発表した。電子署名付きメールを導入することで、同銀行名を騙ったなりすましメールを防ぎ、個人情報を不正に取得・悪用するフィッシング詐欺を未然に防止するのが狙い。当面はインターネットバンキング(個人向け、法人向け)および会員制経営支援総合サイト「ビジネスアイ」にて7月下旬より運用を開始し、順次使用範囲を拡大する予定。

http://www.verisign.co.jp/press/2005/pr_20050630.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×