印刷物に「不正コピー抑止情報」を埋め込める不正コピー抑止ソフト(シャープ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

印刷物に「不正コピー抑止情報」を埋め込める不正コピー抑止ソフト(シャープ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

シャープ株式会社は7月4日、機密文書などをプリントアウトする際に、PC側で“コピー禁止”などの「隠し文字」をあらかじめ設定できる不正コピー抑止キット「AR-AT1」を7月12日に発売すると発表した。価格は102,900円。本キットは、デジタル複合機に接続しているPC上で「隠し文字」と、印刷者名や印刷日時などの「不正コピー抑止情報」を埋め込んだ“地紋データ”を、原稿の背景に合成してプリントアウトできるもの。これにより、不正コピーを未然に防ぐことができるほか、プリントアウトした原本をスキャナで読み込むと、PC画面上にいつ誰が印刷した文書か、などの詳細情報が表示されるため、情報の流出元を特定することも可能となる。

http://www.sharp.co.jp/corporate/news/050704-a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×