大東文化大学、約6千人分の個人情報を記録したCD-ROMを紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.14(水)

大東文化大学、約6千人分の個人情報を記録したCD-ROMを紛失

大東文化大学は7月5日、今春の卒業生と新入生約6千人分の個人情報を記録したCD-ROMを紛失していたと発表した。これは、同大学が同窓会に提供したもので、速達郵便で送付したが届かなかったというもの。同窓会では、会費納入依頼文書などの郵送のためにデータの借用を依頼

製品・サービス・業界動向 業界動向
大東文化大学は7月5日、今春の卒業生と新入生約6千人分の個人情報を記録したCD-ROMを紛失していたと発表した。これは、同大学が同窓会に提供したもので、速達郵便で送付したが届かなかったというもの。同窓会では、会費納入依頼文書などの郵送のためにデータの借用を依頼しており、これは毎年恒例になっているという。同大学では、契約担当者ポストのセキュリティを実地検分するとともに、5月11日に板橋西郵便局に「郵便物事故申告書」を提出し、調査を依頼したが、調査が終了していない状況で再度、同窓会に同じデータを貸与した。紛失したCD-ROMには、今春の卒業生3,097名分の氏名、現住所、電話番号、就職先企業名と、新入生3,139名分の本人氏名、父母氏名、父母の住所、電話番号が記録されていた。


大東文化大学:同窓会へ提供した個人情報入りCD-ROM紛失問題について
http://www.daito.ac.jp/kouhou/050705.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×