Vectorで公開されていたソフトにトロイの木馬を意図的に実装、公開停止 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

Vectorで公開されていたソフトにトロイの木馬を意図的に実装、公開停止

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社ベクターは、同社が運営するオンラインソフトサイト「Vector」で公開されているソフトがトロイの木馬であることが判明し、公開を停止したと発表した。
これは、音声ファイル変換ソフト「Vocal Cancel」をトレンドマイクロ社がトロイの木馬であると本年2月に認定したもの。ベクターに利用者から問い合わせがあり、最新のパターンファイルで同ソフトをチェックしたことで判明した。同ソフトの公開は2002年11月だったため、当時は発見できなかった。パターンファイルでは「TROJ_HIROFU.A」として検出する。ベクターが同ソフトの作者に確認したところ、作者はトロイの木馬を意図的に実装した答えており、ベクターでは同作者のソフトをすべて一時的に公開を停止している。


ベクター:「Vocal Cancel」公開停止の件について
http://www.vector.co.jp/info/050704_vocal_cancel.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×