イーバンク顧客、スパイウェアによって不正振り込み被害に | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

イーバンク顧客、スパイウェアによって不正振り込み被害に

イーバンク銀行株式会社は7月2日、同社の顧客PCがスパイウェアに感染、IDやパスワードを盗まれ不正振り込み被害があったと発表した。同行では、Webサイトから振り込み操作をすると、登録されたメールアドレスに通知メールが届くサービスを提供しているが、この通知メール

製品・サービス・業界動向 業界動向
イーバンク銀行株式会社は7月2日、同社の顧客PCがスパイウェアに感染、IDやパスワードを盗まれ不正振り込み被害があったと発表した。同行では、Webサイトから振り込み操作をすると、登録されたメールアドレスに通知メールが届くサービスを提供しているが、この通知メールによって不正振り込みが発覚した。同行の調査によると、この顧客のPCが感染したスパイウェアは「SPYW_INVKEY12.A」または「Spyware.InvisibleKey」と思われ、これらはPCユーザのキーボード入力操作を記録し、盗み出す。ただし、確証はないとしている。また、不正振り込みを行ったIPアドレスを調査したところ、同じIPアドレスから別の口座で振り込みを行った形跡があり、同社ではこの口座の顧客に事情を説明し、一時凍結しているという。


イーバンク:スパイウェアにご注意!IP制限サービスをご活用ください
http://www.ebank.co.jp/kojin/news/important/information_060.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×