三井住友銀行、社内調査により約6万件の顧客情報紛失が発覚 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

三井住友銀行、社内調査により約6万件の顧客情報紛失が発覚

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社三井住友銀行は6月30日、同行全店において顧客情報が含まれるマイクロフィルムや、各種申込書、資料などの保管状況を調査した結果とまとめ、発表した。発表によると、153店舗で合計61,405件の顧客情報が紛失していたことが判明した。紛失した資料などには、顧客氏名、口座番号、預金残高などが含まれていたが、不正に持ち出された形跡はなく、行内で誤って廃棄した可能性が高いとしている。


三井住友銀行、お客さま情報の紛失について
http://www.smbc.co.jp/news/j500107_01.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×