デジタル著作権保護機能を実装するためのツールキットを発売(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

デジタル著作権保護機能を実装するためのツールキットを発売(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

RSAセキュリティ株式会社は6月28日、デジタル著作権やコンテンツ保護の機能をハードウェアに実装するための暗号化ツールキット「RSA BSAFETM Mobile Rights Management(RSA BSAFE MRM)」を、6月29日より発売すると発表した。本ツールキットにより著作権保護を組み込んだ製品やサービスは、デジタルコンテンツを「1ヶ月間だけ再生可」、「3回まで再生可」などの制限を設けることが可能となる。これを利用し、デジタル著作権を管理しながら、さまざまなサービス形態でコンテンツを提供できるようになる。また、OMA DRM v2.0の標準仕様に準拠した機器同士では、コンテンツプロバイダは視聴版の提供、利用者は異なる機器の間でコンテンツの合法的なコピー、さらに気に入ったコンテンツを友人に送付したり、ドメインモデルによる家族内でのコンテンツの共有などが可能になる。

http://www.rsasecurity.co.jp/news/data/200506281.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×