マルチプラットフォーム対応ファイル暗号化ツール「CRYPTO RELAY」を発売(フォーカスシステムズ) | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

マルチプラットフォーム対応ファイル暗号化ツール「CRYPTO RELAY」を発売(フォーカスシステムズ)

株式会社フォーカスシステムズは、マルチプラットフォームに対応した暗号技術「C4S」を搭載した、異機種間連携用のファイル暗号化ツール「CRYPTO RELAY(クリプトリレー)」の発売を開始した。同製品は、汎用機、UNIX、Windows系の様々な様々なプラットフォーム間で暗号

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社フォーカスシステムズは、マルチプラットフォームに対応した暗号技術「C4S」を搭載した、異機種間連携用のファイル暗号化ツール「CRYPTO RELAY(クリプトリレー)」の発売を開始した。同製品は、汎用機、UNIX、Windows系の様々な様々なプラットフォーム間で暗号ファイルのやり取りを実現する暗号化ソフト。世界最長の暗号鍵長(最大8KB)が使用できる強固な暗号強度と大量のファイルを自動的に高速・短時間で暗号化ができる高速性が特長。コマンド系のバッチ処理ツールのため、システムに容易に組み込みが可能。価格は汎用機系(IBM/日立/富士通版)はオープン。UNIX系(IBM/Sun版)は50万円〜。尚、Windows版は8月上旬リリース予定。

http://www.focus-s.com/focus-s/news/html/news050627.jsp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×