複数の原発の内部情報、Winnyウイルス感染によりネットに流出 | ScanNetSecurity
2021.03.02(火)

複数の原発の内部情報、Winnyウイルス感染によりネットに流出

国内にある複数の原子力発電所の内部情報が、インターネット上に流出していることが6月22日までに明らかになった。流出したデータは、「商業機密」「商用機密」と表記されたものが多く、定期検査の工事報告書や定期修繕工事の作業要領書、原発内部で撮影した写真、作業員

製品・サービス・業界動向 業界動向
国内にある複数の原子力発電所の内部情報が、インターネット上に流出していることが6月22日までに明らかになった。流出したデータは、「商業機密」「商用機密」と表記されたものが多く、定期検査の工事報告書や定期修繕工事の作業要領書、原発内部で撮影した写真、作業員名簿、宿泊場所などの情報が含まれていた。これらの情報は、原発の点検作業を請け負っていた三菱電機の子会社社員のPCがWinnyウイルスに感染したことが原因と見られている。三菱電機では現在、この件の全容確認を行っているという。


三菱電機
http://www.mitsubishielectric.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×