最新版認証ツール「Entrust IdentityGuard 7.1」を発売(エントラストジャパン) | ScanNetSecurity
2022.05.20(金)

最新版認証ツール「Entrust IdentityGuard 7.1」を発売(エントラストジャパン)

エントラストジャパン株式会社は6月21日、認証ソフトの最新版「Entrust IdentityGuard 7.1」を発売した。本ツールは、ユーザごとに異なる乱数表を配布し、アクセスの際に行・列で指定された乱数表上の英数字をサーバに送ることで認証を行うソフト。IDやパスワードと乱数

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エントラストジャパン株式会社は6月21日、認証ソフトの最新版「Entrust IdentityGuard 7.1」を発売した。本ツールは、ユーザごとに異なる乱数表を配布し、アクセスの際に行・列で指定された乱数表上の英数字をサーバに送ることで認証を行うソフト。IDやパスワードと乱数表の二要素を組み合わせることで、ユーザ認証がより安価に、より容易に行える。最新版ではSSLをサポート(LDAPディレクトリ、認証サーバ、管理サービス)したほか、Webベースの管理ツールやカードのロックアウト機能、カードの先行作成機能を追加している。また同社は、新たにWindowsドメイン認証によるID/パスワード認証を強化するクライアントモジュール「Entrust IdentityGuard for Microsoft Windows」も発売した。

http://www.entrust.co.jp/news/2005/0621.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×