次世代型統合クライアントソリューションの提供を開始(日本HP) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

次世代型統合クライアントソリューションの提供を開始(日本HP)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本ヒューレット・パッカード株式会社は6月21日、ブレードPC「HP bc1000 blade PC(bc1000)」による次世代型統合クライアントソリューション「HP Consolidated Client Infrastructure(CCI)」を同日より提供開始すると発表した。本ソリューションは、クライアントPCの情報漏洩対策や、システム管理環境の全社的な改善を検討している企業を対象に販売するもの。PCの機能を分解し、ユーザ側にはアクセス端末としてシンクライアント(HP t5710 Thin Client)だけを残し、CPUやHDDなどの主要機能をデータセンターへ集約する。また、データセンター側にある「ブレードPC」には、クライアント用OSとアプリケーションを実装し、ユーザのプロファイルとファイルは共有のストレージに格納する。CCIのユーザ情報は、Microsoft社の「Active Directory」によって管理され、ログイン認証やアクセス制御が一元化される。これにより、各システムの機能を有機的にネットワーク上で結合させ、仮想的にフル機能のPCを実現する。ユーザ管理、システム運用に関するTCOの削減や、システムのダウンタイムによる機会損失の防止にも有効なシステムとしている。

http://h50146.www5.hp.com/info/newsroom/pr/fy2005/fy05-126.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×