出所情報を地紋として印刷できる「ProtecPaper Standard Edition」を発売(沖電気工業) | ScanNetSecurity
2022.05.21(土)

出所情報を地紋として印刷できる「ProtecPaper Standard Edition」を発売(沖電気工業)

沖電気工業株式会社は、印刷者名や日時などの出所情報を地紋として印刷するパッケージソフトウェア「ProtecPaper(プロテクトペーパー)Standard Edition」を発売した。同製品は、印刷時に出所情報を「Val-Code」を用いて地紋として自動的に書き込むプリンタドライバ形式

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
沖電気工業株式会社は、印刷者名や日時などの出所情報を地紋として印刷するパッケージソフトウェア「ProtecPaper(プロテクトペーパー)Standard Edition」を発売した。同製品は、印刷時に出所情報を「Val-Code」を用いて地紋として自動的に書き込むプリンタドライバ形式の「ProtecPrint」と、印刷物をスキャナから読み込んで出所情報を表示する「ProtecCheck」で構成され、PCにインストールするだけですぐに利用可能。印刷物の情報漏洩元の特定ができ、さらに情報漏洩の抑止効果も期待できるため、印刷物のセキュリティ強化が図れる。Windows 2000 SP2/XP対応。価格は「ProtecPrint」1ライセンス1万290円、「ProtecCheck」1ライセンス26万2,500円。7月末まで同社サイトで評価版を公開中。

http://www.oki.com/jp/Home/JIS/New/OKI-News/2005/06/z05022.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×