デジタル複合機用データセキュリティキットで「EAL3」を取得(シャープ) | ScanNetSecurity
2022.05.20(金)

デジタル複合機用データセキュリティキットで「EAL3」を取得(シャープ)

シャープ株式会社は、デジタル複合機用データセキュリティキット「AR-FR11(VERSION M.20)」が、情報セキュリティに関する国際標準規格「Common Criteria」の評価保証レベル「EAL3」の認証を取得したと発表した。同キットは、デジタル複合機のメモリー装置(HDDやメモリ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
シャープ株式会社は、デジタル複合機用データセキュリティキット「AR-FR11(VERSION M.20)」が、情報セキュリティに関する国際標準規格「Common Criteria」の評価保証レベル「EAL3」の認証を取得したと発表した。同キットは、デジタル複合機のメモリー装置(HDDやメモリー)に保存されるコピー、ファクスなどの電子データを暗号化し、コピー出力やファクス送信などが完了した時点でデータを消去したりパスワードで保護することにより、デジタル複合機内のデータ漏洩を防ぐセキュリティ製品。今回の取得により、セキュリティ機能だけでなく、開発から生産、販売、ユーザへの導入にいたるまでの過程も含め、一貫したセキュリティを確保できていることが検証された。

http://www.sharp.co.jp/corporate/news/050613-a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×