WindowsServer 2003ベースのファイアウォールアプライアンスをハード提供(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.27(金)

WindowsServer 2003ベースのファイアウォールアプライアンスをハード提供(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

マイクロソフト株式会社は6月8日、Windows Server 2003ベースの専用ハードウェア セキュリティ ソリューションの提供を開始、株式会社ディアイティより販売すると発表した。本ソリューションは、「Microsoft Windows Server System」に最適化された、統合セキュリティソリューション「Microsoft Internet Security & Acceleration Server 2004」(ISA Server 2004)を搭載している。ISA Server 2004は、Active Directory連携によって生成されるアクセスログによる情報漏洩の監査や、Windows Server 2003 SP1と連携し、リモートからアクセスするクライアントの検疫制御などが可能なソフトで、ISA Server 2004を搭載したハードウェアは、専用機器と専用ソフトにより、より強化されたセキュリティを実現できるようになる。

http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2306
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×