新光証券に、6000台のPC操作を集中管理する監査証跡ソリューションを導入(ネットマークス) | ScanNetSecurity
2022.05.18(水)

新光証券に、6000台のPC操作を集中管理する監査証跡ソリューションを導入(ネットマークス)

株式会社ネットマークスは6月7日、新光証券株式会社に監査証跡ソリューションを導入し、クライアントPCの操作監視や操作履歴の収集により不正行為の検知・対応を行う管理・監査システムを構築すると発表した。本システムは、ログインやログアウト、WordやExcelといったク

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ネットマークスは6月7日、新光証券株式会社に監査証跡ソリューションを導入し、クライアントPCの操作監視や操作履歴の収集により不正行為の検知・対応を行う管理・監査システムを構築すると発表した。本システムは、ログインやログアウト、WordやExcelといったクライアントアプリケーションの操作、Webサイトの閲覧、メール送受信、ファイルコピーやプリントアウトなど、クライアントPC上で行われるあらゆる操作を管理対象とするもので、監視ログは管理サーバで一元管理され、必要に応じて検索などが可能。ユーザが不適切な操作を行っていないかをチェックすることにより、抑止効果も期待できる。同社ではすでに、本年4月から一部の支店でシステムを導入、パイロット運用を開始していた。8月末には全社約6,000台に展開する予定だ。

http://www.netmarks.co.jp/newsrelease/050607_2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×