新光証券に、6000台のPC操作を集中管理する監査証跡ソリューションを導入(ネットマークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

新光証券に、6000台のPC操作を集中管理する監査証跡ソリューションを導入(ネットマークス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ネットマークスは6月7日、新光証券株式会社に監査証跡ソリューションを導入し、クライアントPCの操作監視や操作履歴の収集により不正行為の検知・対応を行う管理・監査システムを構築すると発表した。本システムは、ログインやログアウト、WordやExcelといったクライアントアプリケーションの操作、Webサイトの閲覧、メール送受信、ファイルコピーやプリントアウトなど、クライアントPC上で行われるあらゆる操作を管理対象とするもので、監視ログは管理サーバで一元管理され、必要に応じて検索などが可能。ユーザが不適切な操作を行っていないかをチェックすることにより、抑止効果も期待できる。同社ではすでに、本年4月から一部の支店でシステムを導入、パイロット運用を開始していた。8月末には全社約6,000台に展開する予定だ。

http://www.netmarks.co.jp/newsrelease/050607_2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×