ディスクアレイ製品や改竄防止ソフトウェアなど新製品を発売(日本電気) | ScanNetSecurity
2022.05.18(水)

ディスクアレイ製品や改竄防止ソフトウェアなど新製品を発売(日本電気)

日本電気株式会社は6月9日、SAN対応ディスクアレイ「iStorage Sシリーズ」のハイエンドモデル「iStorage S4900」およびデータ改竄防止ソフトウェア「SystemGlobe VolumeProtect」など4種類のソフトウェアを製品化、同日より販売を開始した。iStorage S4900は、データ転送

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本電気株式会社は6月9日、SAN対応ディスクアレイ「iStorage Sシリーズ」のハイエンドモデル「iStorage S4900」およびデータ改竄防止ソフトウェア「SystemGlobe VolumeProtect」など4種類のソフトウェアを製品化、同日より販売を開始した。iStorage S4900は、データ転送能力を192GB/秒に高速化したクロスバースイッチや高速RAIDプロセッサを搭載し、スループット性能7.5GB/秒のストレージトータル性能、250万回/秒のI/O処理性能を装備する。SystemGlobe VolumeProtectは、データを格納したボリューム単位に「書込み不可、保護期間」などを設定し、不正アクセスによるデータ改竄や誤操作によるデータ破壊を防止するソフトウェア。この2製品を組み合わせることで、e-文書法や各種法規制に対応するセキュアなストレージ基盤を実現できる。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0506/0901.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×