東京シティ信用金庫、職員の鞄が盗難に遭い顧客情報が紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

東京シティ信用金庫、職員の鞄が盗難に遭い顧客情報が紛失

製品・サービス・業界動向 業界動向

東京シティ信用金庫は6月6日、同庫の職員が帰宅途中に盗難に遭い、顧客情報が紛失したと発表した。これは6月2日、同職員が帰宅途中に飲酒、JR板橋駅のベンチで約1時間居眠りをした後に帰宅したところ、鞄がないことに気づいたという。この鞄には、自宅で作業するために持ち出していた同庫の顧客情報が入っていた。顧客情報は、豊島区高松、千川、要町、板橋区南町、中丸町、幸町に在住の274名分の氏名、住所、電話番号が記載された普通預金を持つ方のリスト、定期性預金を持つ方のリスト、キャンペーン預金に応じた方のリストだという。


東京シティ信用金庫:お客様情報の紛失について
http://www.shinkin.co.jp/to-city/oshirase/news_release_20050606.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×