商用光ファイバーを用いて、世界最速の量子暗号鍵生成に成功(日本電気) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

商用光ファイバーを用いて、世界最速の量子暗号鍵生成に成功(日本電気)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本電気株式会社は5月31日、情報通信研究機構およびパワードコムとともに、絶対的な安全性を物理法則で保証する量子暗号技術で、16kmを超える商用光ファイバー網を利用して、24時間連続で14日間以上の実証実験を行い、世界最速となる平均13kbpsの最終鍵生成速度を実現したと発表した。また、生成した最終鍵を用いて種々のデータの暗号化通信を行うことにも成功した。量子暗号システムは、技術の進歩に対しても無条件安全性を保証する暗号方式として注目されているもの。パワードコム所有の光ファイバーを用いた実使用環境下での連続鍵生成実験により、有効性を実証した。この結果は、量子暗号技術が実験段階から実用化に大きく近づいたことを意味しており、次世代の絶対的安全性を有する高秘匿通信の実現に大きく貢献するものとしている。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0505/3104.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×