愛知県の小学校で全児童の名簿が流出、Winnyウイルス感染の可能性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

愛知県の小学校で全児童の名簿が流出、Winnyウイルス感染の可能性

製品・サービス・業界動向 業界動向

愛知県一宮市の市立小学校の全児童および教職員の名簿が、インターネット上に流出していることが6月1日までに判明した。名簿には、同校の2003年度の全児童535人の氏名、住所、電話番号、保護者や兄弟の名前のほか、成績表も含まれており、教職員名簿には氏名、住所、年齢、教員免許の種類、出身大学、卒業年月などが含まれていた。名簿は同校で作成されたものと見られ、この名簿ファイルを保存していた個人のPCがWinnyウイルスに感染し、インターネットに流出したと見られている。


一宮市教育委員会
http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/k-somu/guide/kyouikuiinkai.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×