愛知県の小学校で全児童の名簿が流出、Winnyウイルス感染の可能性 | ScanNetSecurity
2022.05.20(金)

愛知県の小学校で全児童の名簿が流出、Winnyウイルス感染の可能性

愛知県一宮市の市立小学校の全児童および教職員の名簿が、インターネット上に流出していることが6月1日までに判明した。名簿には、同校の2003年度の全児童535人の氏名、住所、電話番号、保護者や兄弟の名前のほか、成績表も含まれており、教職員名簿には氏名、住所、年齢

製品・サービス・業界動向 業界動向
愛知県一宮市の市立小学校の全児童および教職員の名簿が、インターネット上に流出していることが6月1日までに判明した。名簿には、同校の2003年度の全児童535人の氏名、住所、電話番号、保護者や兄弟の名前のほか、成績表も含まれており、教職員名簿には氏名、住所、年齢、教員免許の種類、出身大学、卒業年月などが含まれていた。名簿は同校で作成されたものと見られ、この名簿ファイルを保存していた個人のPCがWinnyウイルスに感染し、インターネットに流出したと見られている。


一宮市教育委員会
http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/k-somu/guide/kyouikuiinkai.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×