統合管理システムの最新版「SecurityManagement Portal 5.0」を発表(Check Point Software Technologies) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

統合管理システムの最新版「SecurityManagement Portal 5.0」を発表(Check Point Software Technologies)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

Check Point Software Technologies社は、同社の「Safe@Office」及び「VPN-1 Edgeインターネット・セキュリティ・ゲートウェイ」を使用しているサービス・プロバイダ向けのネットワーク・セキュリティ統合管理システム「SecurityManagement Portal(SMP)」のバージョンアップ版を発表した。最新版5.0では、無償で提供されるアンチウイルスおよびアンチスパム・スキャナー及びサードパーティ製OPSEC認定コンテンツ・スキャンニング・ソリューションが利用可能。また、スキンを利用した異なる画面表示やバーチャル・ポータル機能により、単一のインフラストラクチャで異なる顧客に向けた複数の管理インスタンスのホスティングが可能となっている。他にも、カスタマイズ可能なレポーティング機能や強化されたVPN管理機能等を搭載。現在出荷中。価格は1ゲートウェイ(大規模導入の場合)につき10ドルより。

http://www.checkpoint.co.jp/pr/2005/20050530cp_sofaware.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×