住基ネット訴訟、名古屋地裁では住民側の請求を棄却 | ScanNetSecurity
2022.05.23(月)

住基ネット訴訟、名古屋地裁では住民側の請求を棄却

名古屋地裁は5月31日、住基ネット(住民基本台帳ネットワーク)がプライバシー権などを侵害しているなどとして損害賠償などを求めた訴訟に対し、請求を棄却する判決を行った。これは、愛知県春日井市の住民13人が「住基ネットは国民の個人情報を国家が一元的に管理して国

製品・サービス・業界動向 業界動向
名古屋地裁は5月31日、住基ネット(住民基本台帳ネットワーク)がプライバシー権などを侵害しているなどとして損害賠償などを求めた訴訟に対し、請求を棄却する判決を行った。これは、愛知県春日井市の住民13人が「住基ネットは国民の個人情報を国家が一元的に管理して国民のプライバシーを侵し、一方的に住民票コードを付け、人格権も侵害した」として、国と愛知県を相手取り住基ネットへの個人情報の提供禁止と損害賠償を求めていたもの。判決では「プライバシーの侵害のみを理由とした住基ネットの差し止めの請求権は認められない」としているが、金沢地裁では5月30日、同様の住基ネット訴訟に対し違憲と判決している。


名古屋地裁
http://courtdomino2.courts.go.jp/K_home.nsf/CoverView/HP_C_nagoya?OpenDocument
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×