三光純薬、回収された盗難PCの個人情報に不正アクセスの痕跡 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

三光純薬、回収された盗難PCの個人情報に不正アクセスの痕跡

製品・サービス・業界動向 業界動向

三光純薬株式会社は5月30日、盗難され、その後回収された同社の業務用PCから顧客の個人情報が流出した可能性があると発表した。このPCは5月8〜9日にかけて、同社社員の営業車から盗難されたもので、5月15日に都内で遺棄されていた。PCを回収し、記録されている情報を調査したところ、23,444名分の顧客、取引先、同社および関連会社の従業員に関する個人情報のうち、4,394名分の情報にアクセスされた形跡があったという。同社では、アクセスが確認された個人情報のうち、自宅住所や電話番号などが含まれているものに対して事実の報告とお詫びを行っている。


三光純薬:個人情報を含むパソコンの盗難について
http://www.sanko-junyaku.co.jp/index_news/news_release/release/37.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×