NTTデータ社員が11,835名分の社員情報を記録したUSBメモリを紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

NTTデータ社員が11,835名分の社員情報を記録したUSBメモリを紛失

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社NTTデータは5月24日、同社社員が社員の個人情報ファイルを記録したUSBメモリを入れた鞄を帰宅途中に紛失したと発表した。このUSBメモリには、同社に本年4月1日現在所属している社員11,835名分の氏名、氏名コード、性別、生年月日、年齢、採用年月日、任用年月、在職状況、等級、在級年数、勤務ビル名、所属、役職、出向・復帰予定・復帰の各年月日、出向先会社名、転籍入年月日、転籍前会社名、ならびに社内管理用コード番号となっており、住所、家族構成、電話番号、メールアドレスなどの情報、給与口座やクレジットカードなどの金融機関情報、人事評価に関する情報は一切含まれていないという。また、USBメモリおよびファイルにはパスワードや暗号化などのセキュリティ対策が施されていない。同社では、情報セキュリティ施策の社内ルール、ガイドラインを抜本的に見直す予定だ。


NTTデータ:当社社員情報の紛失について
http://www.nttdata.co.jp/release/2005/052400.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×