個人情報が残ったままの廃棄PCがリサイクル店に | ScanNetSecurity
2022.06.26(日)

個人情報が残ったままの廃棄PCがリサイクル店に

千葉県は5月23日、鴨川市の南部林業事務所が廃棄した業務用PCが、個人情報が記録されたままリサイクル店で販売されていたことが判明したと発表した。これは、PCを購入した男性が報告したもので、PCには県が管理する保安林所有者など約6〜7千人分の住所、氏名が記録されて

製品・サービス・業界動向 業界動向
千葉県は5月23日、鴨川市の南部林業事務所が廃棄した業務用PCが、個人情報が記録されたままリサイクル店で販売されていたことが判明したと発表した。これは、PCを購入した男性が報告したもので、PCには県が管理する保安林所有者など約6〜7千人分の住所、氏名が記録されていた。このPCは、電源が入らなくなったために廃棄処分になったもので、複数の業者を経てリサイクル店に並んだという。


千葉県
http://www.pref.chiba.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×