電子証明書とタイムスタンプの会員向け紹介サービスを7月から開始(日本画像情報マネジメント協会) | ScanNetSecurity
2022.06.26(日)

電子証明書とタイムスタンプの会員向け紹介サービスを7月から開始(日本画像情報マネジメント協会)

社団法人日本画像情報マネジメント協会(JIIMA)は、4月から施行された「e-文書法」(通称)に対応して、文書情報管理士向けの5年間有効な電子証明書とタイムスタンプの会員向け紹介サービスを7月から開始する。電子署名は、日本ベリサインを発行局とする電子署名法特定

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
社団法人日本画像情報マネジメント協会(JIIMA)は、4月から施行された「e-文書法」(通称)に対応して、文書情報管理士向けの5年間有効な電子証明書とタイムスタンプの会員向け紹介サービスを7月から開始する。電子署名は、日本ベリサインを発行局とする電子署名法特定認定認証事業者である日本電子公証機構の電子証明書(iPROVE)を提供。また、タイムスタンプは、日本データ通信協会の認定業者であるPFUのサービスを利用する。有効期限は、証明書、タイムスタンプともに5年(ただし、一般利用者の証明書は1年または5年)となっている。尚、証明書には、文書情報管理士であることを示す属性情報を含めることも可能。

http://www.jiima.or.jp/release/release_may05.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×