東京電力群馬支店、車上荒らしで顧客情報を記載した書類を紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

東京電力群馬支店、車上荒らしで顧客情報を記載した書類を紛失

製品・サービス・業界動向 業界動向

東京電力株式会社は5月12日、車上荒らしによって個人情報が記載された書類が盗難に遭ったと委託先の関連会社(東電不動産株式会社)から連絡を受けたと発表した。この職員は、同日業務を終えて車で帰宅する途中、午後8時00分頃から8時15分頃の間に、群馬県前橋市内の駐車場において車上荒らしに遭い、業務書類を入れた鞄1個を盗まれたという。この鞄には、電柱敷地に関する「現場調査票」や「電柱設置の承諾書」などが入っており、住所、氏名、電話番号、口座番号など10名分の顧客情報が記載されていた。職員はすぐに警察に届けを出し、関係者などが捜索を続けているが、現在のところ発見されていないという。


東京電力:盗難による個人情報の紛失について
http://www.tepco.co.jp/kaifuku/kojin/jishou/05051201-j.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×