「スマート情報保護パック」スタンダードエディションの提供を開始(マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.10.17(日)

「スマート情報保護パック」スタンダードエディションの提供を開始(マイクロソフト)

マイクロソフト株式会社は5月11日、スマート ビジネス キャンペーン「スマート情報保護パック」のラインアップに、新たに5月よりスタンダード エディションを追加し、8月31日までの期間限定プロモーションとして特別価格で提供すると発表した。スタンダード エディション

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
マイクロソフト株式会社は5月11日、スマート ビジネス キャンペーン「スマート情報保護パック」のラインアップに、新たに5月よりスタンダード エディションを追加し、8月31日までの期間限定プロモーションとして特別価格で提供すると発表した。スタンダード エディションは、「Windows Server クライアントアクセス ライセンス」と「Windows Rights Management Service クライアントアクセス ライセンス」から構成されるCALセット。本エディションを導入することで、「Windows Active Directory」および「Windows Rights Management Services」を活用した企業情報の共有、保護基盤を確立できる。また、5月よりマイクロソフト パートナー各社主催のスマート情報保護パック関連イベントが全国各地で随時開催される。

http://www.asia.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2282
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×