MS05-016(Windowsシェル)の脆弱性を狙うRunExplt.AがWord文書を介して実環境で拡散 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

MS05-016(Windowsシェル)の脆弱性を狙うRunExplt.AがWord文書を介して実環境で拡散

製品・サービス・業界動向 業界動向

サイバーディフェンス社からの情報によると、RunExplt.Aは、MS05-016(Windowsシェル、CVE-ID:CAN-2005-0063 )の脆弱性を攻撃するために実装された攻撃コードである。VBSで記述されているため、このコードはマイクロソフト製品の文書ファイルなどに簡単に挿入可能である。現在、Word文書を拡散媒体として実環境に拡散している。これらの理由から、iDEFENSEではRunExplt.AをHIGHレベルの脅威とした。


※この情報は株式会社サイバーディフェンス( http://www.cyberd.co.jp/ )より提供いただいております。
 サイバーディフェンス社の CyberNoticeBasic サービスの詳細については下記のアドレスまでお問い合せください。
 問い合わせ先: scan@ns-research.jp
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【16:23 GMT、4、25、2005】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×