セコムトラストネット、シスコの自己防衛型ネットワークを導入(セコムトラストネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

セコムトラストネット、シスコの自己防衛型ネットワークを導入(セコムトラストネット)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

セコムトラストネット株式会社は、インターネット向けネットワーキング機器ベンダー最大手のシスコシステムズ株式会社の「自己防衛型ネットワーク(Self-Defending Network)」を導入すると発表があった。この導入は、日本企業では初めてと言う。
セコムトラストネットが自己防衛型ネットワークを導入する最大の目的は、高レベルのセキュリティ維持とユーザの利便性の両立にある。ネットワークインテグレーターとしては、シスコシステムズの自己防衛型ネットワークに関する研究に積極的に取り組み、すでに高い技術ノウハウを確立している日本IBMを選択した。最終的に約300台のクライアントPCと約50台のサーバを対象にした自己防衛型ネットワークを完成することで、企業内ネットワークの"新たなセキュリティモデル"を確立することを目指すとのこと。

報道資料
http://www.secomtrust.net/news/2005/ns_ciscohoudou20050528.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×