AES暗号化ソフト「SecureLockWare」がMOとUSBフラッシュメモリに対応(バッファロー) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

AES暗号化ソフト「SecureLockWare」がMOとUSBフラッシュメモリに対応(バッファロー)

株式会社バッファローは4月27日、個人情報保護にも有効なAES暗号化ソフトウェア「SecureLockWare」をバージョンアップし対応機器を拡大、MOとUSBフラッシュメモリにも対応したと発表した。新バージョンは「SecureLockWare Ver.2.10」で、4月26日より同社のサイトで無償提

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社バッファローは4月27日、個人情報保護にも有効なAES暗号化ソフトウェア「SecureLockWare」をバージョンアップし対応機器を拡大、MOとUSBフラッシュメモリにも対応したと発表した。新バージョンは「SecureLockWare Ver.2.10」で、4月26日より同社のサイトで無償提供されている。本ソフトウェアは、ドライブやファイルを暗号化し、設定されたパスワードを入力しないと使用したり閲覧することができない。今回のバージョンアップによってハードディスクドライブ、MOドライブ、USBフラッシュメモリに対応したが、5月下旬にはカードリーダー/ライター、FD、内蔵ハードディスクドライブにも対応する予定だ。

http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/new/2005/005_6.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×