NTT研究所開発の情報漏洩対策ソリューションを本社ビルに導入(NTT) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.22(水)

NTT研究所開発の情報漏洩対策ソリューションを本社ビルに導入(NTT)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本電信電話株式会社(NTT)は4月26日、NTT研究所の「ストレージ・セントリック・セキュリティ・システム」の本年度内での商用化に向け、同社本社ビルに本年度から全面導入すると発表した。本システムは、ハードディスクを内蔵しないPC端末からセンターのストレージにアクセスし、OSやアプリケーションをネットワーク経由で起動、ストレージ上のユーザデータ領域を自動的に割り当て(マウント)できるというもの。本システムにより、端末の盗難やハードウェア故障に伴う情報漏洩・破壊のリスクを大幅に低減できる。また、センター内のファイル管理システムとして、NTTアドバンステクノロジ株式会社のドキュメント管理システム「Smart Leak Protect」を採用。各ユーザのファイル操作を監視したり、外部記憶媒体への重要データのコピーを禁止できる。

http://www.ntt.co.jp/news/news05/0504/050426.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×