複数のWindows OSで動作するASN.1のmsasn1.dllでヒープメモリが上書きされる脆弱性が見つかる | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

複数のWindows OSで動作するASN.1のmsasn1.dllでヒープメモリが上書きされる脆弱性が見つかる

製品・サービス・業界動向 業界動向

サイバーディフェンス社からの情報によると、複数のWindows OS上で動作するASN.1(Abstract Syntax Notation 1)msasn1.dllライブラリファイルで、ヒープメモリがリモートから上書きされる脆弱性が見つかった。この脆弱性により、Local System権限で任意のコードが実行される可能性がある。memcpy()によってデータがコピーされると、割り振られたヒープ領域よりも大きなデータがコピーされる。長さが0のヒープブロックが割り振られた後のメモリ部分が上書きされ、任意のコードがメモリに読み込まれる。


※この情報は株式会社サイバーディフェンス( http://www.cyberd.co.jp/ )より提供いただいております。
サイバーディフェンス社の CyberNoticeBasic サービスの詳細については下記のアドレスまでお問い合せください。
 問い合わせ先: scan@ns-research.jp
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【10:38 GMT、4、21、2005】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×