NTTデータ社員が、顧客情報を記録したPCの盗難被害に | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

NTTデータ社員が、顧客情報を記録したPCの盗難被害に

エヌ・ティ・ティ・データは4月25日、NTT西日本から業務委託を受けたシステム保守に関する情報を記録したPCが盗難被害に遭ったと発表した。これは、同社の社員宅に空き巣が入ったためで、盗難されたノートPCにはNTT西日本のインターネット関連商品のデータベース整備作業

製品・サービス・業界動向 業界動向
エヌ・ティ・ティ・データは4月25日、NTT西日本から業務委託を受けたシステム保守に関する情報を記録したPCが盗難被害に遭ったと発表した。これは、同社の社員宅に空き巣が入ったためで、盗難されたノートPCにはNTT西日本のインターネット関連商品のデータベース整備作業に関わる「お客様名」「住所」「電話番号」「メールアドレス」といった顧客情報が2,146件含まれていた。NTT西日本では、早急にお詫び文を送付するなど個別に説明し、お詫びするとしている。


NTT西日本:お客様情報の入ったノートパソコンの盗難について
http://www.ntt-west.co.jp/news/0504/050425b.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×