2つのエンドポイント・セキュリティ技術で特許認定を取得(Check Point Software Technologies) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

2つのエンドポイント・セキュリティ技術で特許認定を取得(Check Point Software Technologies)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

Check Point Software Technologies社は4月20日、新たな2つの技術特許が米特許商標庁に認定されたと発表した。特許を取得したのは、「アンチウイルス協調施行のためのシステムと技法(System and Methods Providing Anti-Virus Cooperative Enforcement)」に関するものと、「間接的アクセス制御のためのセキュリティ・システムと技法(Security System and Methodology for Providing Indirect Access Control)」に関するもの。前者は、最新のアンチウイルスソフトウェアを適用していないPCが脆弱な企業リソースや情報に接続できないようにすることで、ウイルスやマルウェアなどのインターネットから生じる脅威からネットワークを保護する技法。後者は、信頼できるプログラムのみがインターネット上へ通信を行えるようにする仕組み。これらの技術はともに、チェック・ポイント製品ならびに同社のZone Labsコンシューマー事業部の製品に適用される。

http://www.checkpoint.co.jp/pr/2005/20050419twopatents.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×