無許可PCのネットワーク接続を検知するセキュリティアプライアンスを発売(NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

無許可PCのネットワーク接続を検知するセキュリティアプライアンスを発売(NEC)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本電気株式会社は4月21日、Express5800シリーズにおいて無許可PCのネットワーク接続を検知、防止し、個人情報漏洩やウイルス感染の原因を対策するアプライアンス「InterSec/NQ30a」を製品化、同日より販売を開始した。また同製品と連携し接続情報収集などを行う管理サーバソフト「WebSAM SecureVisor SiteManager」も同じく発売した。「InterSec/NQ30a」は、拠点や部門ネットワークごとに導入することで許可しないPCからの接続を検知、防止する。社外や部外者所有のPCからの接続を防止することで、部門サーバなど共有情報へのアクセスを許さない情報漏洩対策製品。筐体は手のひらサイズで、ファンレス、HDDレスの静音設計を実現し、場所を選ばず各ネットワークに設置可能となっている。なお、本製品1台で約1,000台までのPCを監視可能だ。「WebSAM SecureVisor SiteManager」は、複数のInterSec/NQ30aから接続情報を収集し、無許可の機器の接続を発見した場合にシステム管理者への通知などの処理を行う。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0504/2101.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×