適応型防御システムを主軸にセキュリティ製品ポートフォリオを拡大(シスコシステムズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

適応型防御システムを主軸にセキュリティ製品ポートフォリオを拡大(シスコシステムズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

シスコシステムズ株式会社は4月20日、「Adaptive Threat Defense(適応型防御システム)」アーキテクチャ、ならびに同製品を支えるセキュリティ製品ポートフォリオとして10以上の新製品、ソフトウェアの機能拡張、サービスを追加することを発表した。Adaptive Threat Defenseは、ネットワーク上の業務やアプリケーションに対するリスクの効果的な管理と緩和を目的とした、同社の「自己防衛型ネットワーク」セキュリティ戦略の次のフェーズを実現する製品。「自己防衛型ネットワーク」をさらに発展させ、「Anti-X 防御」「アプリケーション セキュリティ」「ネットワークでの制御および抑制」の3つの主要コンポーネントによってセキュリティの実効性向上を実現するアーキテクチャ。ネットワーク トラフィック、エンドポイント、ユーザ、アプリケーションをより厳しく管理し、複数のレイヤ上の脅威にダイナミックに対応することにより、セキュリティ上のリスクを最小限に抑える。

http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/news/pr/2005/017.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×