千葉市、産廃処分場反対住民の個人情報を無断で業者に提供 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

千葉市、産廃処分場反対住民の個人情報を無断で業者に提供

千葉市は4月14日、産廃処分場反対住民の個人情報を無断で業者に提供していたと発表した。これは、同市緑区の産業廃棄物処分場の建設計画に反対する住民代表の6名の住所、氏名、肩書き、5名の電話番号の個人情報を、住民側の了承を得ずに川崎市の産廃業者に提供していたも

製品・サービス・業界動向 業界動向
千葉市は4月14日、産廃処分場反対住民の個人情報を無断で業者に提供していたと発表した。これは、同市緑区の産業廃棄物処分場の建設計画に反対する住民代表の6名の住所、氏名、肩書き、5名の電話番号の個人情報を、住民側の了承を得ずに川崎市の産廃業者に提供していたもの。同市では今月1日から、職員が業務上知り得た個人情報の保護を義務付けた改正個人情報保護条例を施行しており、同条例違反の可能性があるとして情報を流した職員の処分を検討している。


千葉市
http://www.city.chiba.jp/index.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×