微弱無線を利用した情報漏洩防止トークン「PeerToken」を開発(富士通ビー・エス・シー、富士通研究所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

微弱無線を利用した情報漏洩防止トークン「PeerToken」を開発(富士通ビー・エス・シー、富士通研究所)

株式会社富士通ビー・エス・シーは、株式会社富士通研究所の研究成果を活用し、微弱無線の受信機を内蔵したフラッシュメモリ型USBトークン「PeerToken」及び発信機内蔵カードホルダー「PeerHolder」を開発した。両製品を連携させることで、PC利用者が離席した場合、それ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社富士通ビー・エス・シーは、株式会社富士通研究所の研究成果を活用し、微弱無線の受信機を内蔵したフラッシュメモリ型USBトークン「PeerToken」及び発信機内蔵カードホルダー「PeerHolder」を開発した。両製品を連携させることで、PC利用者が離席した場合、それを無線で認識してPCを自動的にロック状態にすることが可能。社員証等に利用することで、意識することなく、他人によるPCの不正利用を防止できる。また、ホルダーのない人が「PeerToken」の挿入されているPCを利用するにはパスワード入力が必要で、無理にトークンを抜くとアラームが鳴るように設計されているため、社員証の紛失やトークンの盗難防止対策としても有効。トークンには、セキュリティソフト「FENCE」をベースとした認証機能、自動暗号機能、コピー防止機能、持ち出し防止機能等が搭載されており、セキュリティ対策も万全。同社では、今後社内での試用を進め、今秋に製品化する計画。

http://www.bsc.co.jp/news/2005/2005033001.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×